MENU

メタバースのプラットフォームでおすすめはどこ?収益化のコツも紹介します

  • URLをコピーしました!
妹のパンナ

最近、メタバースが気になってるんだけど、プラットフォームが多すぎて悩んでる…

ふくろうプック

確かに『多すぎて選べない』という悩みはよく聞くね。

妹のパンナ

初心者にオススメのプラットフォームってある?

ひかり

もちろん!今回は初心者にオススメのプラットフォーム5選をお届けするよ。

ふくろうプック

収益化のコツも紹介するよ。それでは一緒に見ていこう!

世界中から注目を集めてるよね!
【この記事でわかること】
  • オススメのプラットフォーム5選
  • 収益化するには費用やランニングコストの知識をつけることが必要
  • 国内取引所での口座開設をする
目次

メタバースとは?

メタバースというのは、仮想空間に作られた3次元世界のことを指します。

それぞれのユーザーがアバターを作成し、仮想空間内で他者とコミュニケーションを取ったり、メタバース内のコンテンツを楽しんだりできます。

近年では、メタバース空間をただ楽しむだけでなく、メタバース内に資産を構築したり、メタバース内でビジネスを展開したりということも可能になっているのです。

メタバースプラットフォームでおすすめはどこ?

次に、初心者におすすめのメタバースプラットフォームをいくつか紹介していきます。

Decentraland

Decentralandは、メタバースプラットフォームでもトップクラスの人気を誇っています。

作成したアバターを操作して、仮想空間上を移動したり、カジノでゲームをしたりして遊べます。

Decentralandには、MANAという独自の仮想通貨が使用されています。

この仮想通貨を使うことで、

・コンサート
・ミニゲーム

などが利用できるようになります。

Decentralandは、アカウントを無料で作成できますし、アカウント不要の「ゲストモード」などもあります。

少しでも気になっている方は、是非プレイしてみてください。

Axie Infinity

Axie Infinityは、アクシーというモンスターを育てて、他のユーザーとのバトルを楽しむというゲームです。

土地を購入して不労所得を得ることも可能ですので、

「楽しみながらお金を稼ぎたい」

と考えている方には最適です。

The Sandbox 

The Sandboxは、自由度がかなり高いことで有名です。

LANDという土地を所有し、その土地でゲームを作ったり、ジオラマを作成したりして楽しみます。

作成したゲームやジオラマは、他者に売却することもできます。

また、所有している土地を転売したり、貸し出したりして収益を得ることも可能ですので、ビジネスとしても活用できます。

ただし、The Sandboxをプレイする際は「LAND」という専用の通貨が必要になります。

cluster

clusterは、国内初のメタバースプラットフォームです。

アバターを作って楽しむだけでなく、ゲームをしたりイベントを開催したりと、様々な楽しみ方がありますので、初めてメタバースを体験する方にもおすすめです。

多数の企業とのコラボ実績があり、今後の成長に期待されているプラットフォームとなっています。

興味がある方は是非試してみてください。

ZEPET

ZEPETは、韓国初のメタバースプラットフォームです。

このプラットフォームはスマホやタブレット向けとなっていますので、気軽に楽しみたいと考えている方にも最適と言えます。

グッチやディオール、ラルフローレンなどもZEPETにアイテムを提供しています。

現実世界では実現が難しいようなファッションも楽しめます。

Bloktopia

Bloktopiaは、21階建てのビルで構成されたプラットフォームであり、各エリアで活動しながらお金を稼げます。

不動産収入や広告収入を得ることも可能ですので、ビジネスとしてメタバースに触れていきたいと考えている方に最適です。

ただし、Bloktopiaをプレイするためには、独自トークンの「BLOK」を入手する必要があります。

メタバースで収益化するためのコツは?

メタバースは、遊んで楽しむだけでなく、収益化することも可能です。

ただ、収益化するためにはいくつかのコツをマスターする必要があります。

ここからは、メタバースで収益化するために覚えておくべきコツについて、わかりやすく解説していきます。

基本知識を身につける

メタバースで収益化するためには、収益化の仕組みやコツなどの基本知識を身につけておく必要があります。

また、プラットフォームを利用するにあたって

  • 発生する費用
  • ランニングコスト

などの知識を身につけておくことがポイントになります。

これらの知識が抜け落ちたまま始めてしまうと、

「思うように収益化ができない」

「思わぬ出費が発生してしまった」

というトラブルが発生する可能性が高くなりますので注意しましょう。

仮想通貨を用意する

メタバースを体験する際は、仮想通貨の購入が必要です。

なぜなら、

・土地
・アイテム

などは、全て仮想通貨で決済を行うからです。

仮想通貨を購入する際は、仮想通貨取引所で口座開設を行う必要があります。

ただ、仮想通貨取引所はたくさんありますので、どこを選べばいいか迷ってしまいますよね。

当ブログでは「bitFlyer」をおすすめします。

bitFlyerは、アプリが使いやすく、取り扱い銘柄も豊富で初心者向けです。

仮想通貨に触れたことがない方や、口座開設が初めての方でも安心して利用できます。

NFTを購入してみる

メタバース上では、NFT化されたアイテムを売買することが多いです。

ただ、初めてメタバースに触れる方は、

「NFTってどうやって売買するの?」

という疑問を持っている方もたくさんいるでしょう。

そんな方には、ひとまずメタバース内で販売されているNFTを購入することをおすすめします。

NFTを購入する経験から、NFT化されたアイテムの売買フローを理解できるため、スムーズに収益化を行えるようになります。

まとめ

メタバースプラットフォームにはたくさんの種類があります。

ゲームなどの娯楽をメインにしたものや、ビジネス要素を多く盛り込んでいるものなど、それぞれで特徴が異なります。

自分に合ったプラットフォームを選びましょう。

また、メタバースではアイテムや不動産などを活用して収益化することも可能です。

ただ、収益化するためには、いくつかのコツを押さえておく必要があります。

今回紹介した基本知識を頭に入れたうえで、慎重に挑戦していくことをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次