MENU

メタバースとは?メリットやデメリット、おすすめの関連仮想通貨もご紹介!

  • URLをコピーしました!

近年では、非代替性トークンであるNFTとともに、仮想空間のメタバースが注目を集めています。

とはいえ、

「メターバースって一体なに?」

という疑問を抱えている方もたくさんいるでしょう。

そこでこの記事では、メタバースの特徴やメリット、デメリット、それからメタバース関連のおすすめ銘柄について詳しく解説していきます。

世界中の企業がどんどん参入してきてるよ!
【この記事でわかること】
  • 仮想空間上でビジネスを展開できる
  • 仮想空間上で資産の構築もできる
  • オススメの関連仮想通貨5選
目次

そもそもメタバースとは?

メタバースというのは、仮想空間に作られた3次元世界のことを指します。

meta(超越した)universe(宇宙)の造語として、メタバースという言葉が生まれました。

メタバース内では、自分の分身であるアバターを作成し、そのアバターを操作して独特の世界観を楽しめます。

また、他者とコミュニケーションを取ったり、買い物をしたり、創作活動をしたりと、様々なことが行えるため世界中から注目を集めているのです。

メタバースにはどんなメリットがある?

では次に、メタバースのメリットについて詳しく見ていきましょう。

仮想空間上でビジネスを展開できる

メタバースを活用することによって、仮想空間上でビジネスを展開できるようになります。

例えば、メタバース空間内でミーティングを行ったり、物やサービスを売買したりということも可能になるのです。

後ほど詳しく解説しますが、メタバース内の土地を購入して貸し出したり、転売したりして利益を上げることも可能です。

他にも、メタバース内に看板を設けて広告収入を得るということもできますので、可能性は無限大です。

仮想空間で資産を構築できる

メタバースを活用することによって、仮想空間で資産を構築できるようになります。

その代表例が、メタバースの土地です。

メタバースの土地を購入し、必要としている人に貸したり、転売したりすることによって大きな利益を得られるようになります。

これまで、資産と言えば現実世界に構築するものというイメージでしたが、メタバースが登場したことにより、この常識が覆されつつあります。

現在においても、メタバースの土地が高値で売買されていますので、メタバースビジネスに参入したいと考えている方は、是非挑戦してみてください。

非対面が生むデメリットを克服できる

近年では、ITの成長やコロナウイルスの蔓延により、リモートワークなどの非対面コミュニケーションが一般的になりつつあります。

ただ、リモートワークを行う場合は、相手との意思疎通が難しくなり、生産性や効率が低下する可能性が高まります。

メタバースを活用することによって、ひとつの仮想空間をメンバーやクライアントと共有できますので、非対面が生むデメリットを克服できるようになるのです。

メタバースにもデメリットがあるって本当?

次に、メタバースのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

はじめるまでに時間がかかる

NFTゲームでメタバースを体験する場合、はじめるまでに少し手間がかかります。

なぜなら、ゲーム内で使用する仮想通貨を入手する必要があるからです。

仮想通貨の購入は、慣れている方であればスムーズに行えますが、初めての方だと、

「本当に大丈夫かな」

「どうやって購入すればいいの?」

となってしまいます。

また、仮想通貨の取引所もたくさんありますので、どこで購入すればいいか迷ってしまいますよね。

そのような方には、初心者から上級者まで幅広い層から人気を集めている「bitFlyer」がおすすめです。

bitFlyerは口座開設も比較的簡単ですので、興味がある方はこちらから口座開設をしてみてください。

法整備が不完全

メタバースは、登場してから日が経っていないということもあり、法整備が不完全です。

中には、今の状況を悪用し、詐欺や悪徳商材への誘導を行おうとするユーザーもいますので注意が必要です。

これは、メタバースだけでなく、NFTにも同じことが言えます。

これから始める方は、正しい知識を身につけたうえで慎重に挑戦していきましょう。

メタバース関連仮想通貨の選び方は?

メタバースに興味を持っている方の中には、

「メタバース関連の銘柄を買って、値上がり益を狙いたい」

と考えている方もいるでしょう。

とはいえ、メタバース関連銘柄にはたくさんの種類がありますので、どれを選ぶべきか悩んでしまいますよね。

そのような方は、これから紹介するポイントを参考にしながら、自分に合ったメタバース関連銘柄を探してみてください。

関連サービスの将来性を分析する

メタバース関連銘柄を選ぶ時は、関連サービスの将来性を分析することが大切です。

具体的には、

・どのようなサービスを運営しているのか
・そのサービスに需要はあるのか
・将来性はあるのか

ということを確認しておく必要があります。

やみくもに銘柄を選ぶと、値上がりするどころか、値下がりして大きな損失を出してしまう可能性が高くなりますので注意しましょう。

時価総額に注目する

メタバース関連銘柄に限った話ではありませんが、仮想通貨を選ぶ際は時価総額に注目することが大切です。

時価総額が大きいということは、それだけ取引量が多いということですので、人気が高いと判断できます。

時価総額が低い銘柄は、突然価格が急騰したり、急落したりする可能性がありますので、初心者にはあまり向いていません。

仮想通貨自体の注目度を確認する

仮想通貨自体の注目度を確認するということも大切です。

例えば、

・ニュースで取り上げられている
・大企業と提携している
・SNSで話題になっている

というような仮想通貨を購入することによって、大きな値上がり益に期待できます。

おすすめのメタバース関連仮想通貨はどれ?

最後に、おすすめのメタバース関連仮想通貨をいくつか紹介していきます。

「数が多すぎて選べない・・・」

と悩んでいる方は、是非参考にしてみてください。

MANA

MANAは、NFTゲームの「Decentraland」で利用できる仮想通貨です。

このゲームでは、土地を購入したり、創作活動を楽しんだりできるため、自由度がかなり高いと言えます。

また、企業からの注目度が高い銘柄ということもあり、メタバースの発展や成長によって価格が大きく上昇する可能性があります。

SAND

SANDは、NFTゲームの「The Sandbox」で利用できる仮想通貨です。

このゲームは楽しみ方の幅が広く、ビジネスとしても活用できます。

メタバース内の土地に新しいゲームを作ったり、ゲームをしながらSANDを稼げたりと、現実世界のようなビジネスを展開できるのです。

仮想通貨取引所のコインチェックなど、複数の企業がメタバース内の土地を所有していることもあり、将来性に期待されています。

AXS

AXSは、アクシーインフィニティの略称です。

このゲームは、2021年に大人気となった今話題のゲームです。

アクシーというモンスターを集めてバトルを行い、仮想通貨を稼ぐという画期的なゲームとなっていますので、

「楽しみながら稼ぎたい」

と考えている方にも最適と言えます。

また、強いアクシーを入手すれば、スカラーシップで不労所得を得ることも可能になります。

ENJ

ENJというシンボルで知られている、エンジンコインもメタバース関連のおすすめ銘柄の1つです。

この銘柄はゲーム開発分野で活用されている仮想通貨であり、エンジンプラットフォームでは、

・ブロックチェーン
・コーディング

などの知識がなくても、仮想通貨やNFTをゲームアプリに導入できます。

また、エンジンプラットフォームは有名な「マインクラフト」をプレイできるプラットフォームとなっていて、世界中に2000万人を超えるユーザーが存在していますので、成長性にも期待できます。

まとめ

メタバースというのは、仮想空間に作られた3次元世界のことです。

メタバース内では、他者とリアルなコミュニケーションを取ることもできますし、ビジネスを展開することも可能です。

今はまだ珍しい存在かもしれませんが、いつの日かメタバースが当たり前になる時代がやってくると考えられています。

メタバースが当たり前になれば、関連銘柄の価格が跳ね上がる可能性が高いため、

「できるだけ早く種まきをしておきたい」

と考えてる方も多くなるはず。

今回紹介した銘柄を参考にしながら、成長性が高く、値上がりが見込める銘柄を購入してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次