MENU

NFT転売は儲かるって本当?メリットやデメリット、具体的なやり方を紹介します

  • URLをコピーしました!

NFTに興味を持っている方の中には、

「NFT転売に挑戦してみたい」

と考えている方がたくさんいるでしょう。

ただ、NFT転売は、これまで主流だった物販やせどりとはシステムが大きく異なります。

そこでこの記事では、NFT転売の特徴やメリット、デメリット、具体的なやり方や注意点について詳しく解説していきます。

ライバルが少ないのでチャンスだよ!
【この記事でわかること】
  • NFT転売は急成長中の市場である
  • ライバルが少ないので稼ぎやすい
  • NFT転売の具体的なやり方
目次

NFT転売とは?

NFT転売というのは、唯一無二の価値が証明された本物のNFT作品を転売することを指します。

専用のプラットフォームを使ってNFTアートなどを仕入れ、高く買ってくれる人に売る。

これがNFT転売の仕組みです。

NFT転売は、一般的な物販やせどりとはシステムが異なりますが、基本原理は同じですので初心者でも比較的スムーズに挑戦できます。

NFT転売に挑戦するメリットは?

では次に、NFT転売に挑戦するメリットについて詳しく見ていきましょう。

市場が急成長している

ビジネスを成功させるためには、成長している市場に飛び込むことが大切です。

NFTの取引総額は、

・2020年→1億ドル
・2021年→220億ドル

と、1年の間に取引総額が約200倍に跳ね上がっています。

このようなことからも、成長性が高い市場だということがお分かりいただけると思います。

また、NFTはまだまだ認知度が低く、転売に挑戦している方も少ないため、先行者利益を得やすいのです。

破損や紛失のリスクがない

一般的な転売は、商品を実際に仕入れる必要があります。

その商品は自宅などで保管するのが一般的ですが、何かの拍子に落としてしまったり、汚してしまったり、無くしてしまったりする可能性もありますよね。

NFTはデジタルデータですので、紛失や破損の心配がありません。

商品の状態を維持しながら、いつまでも綺麗な状態で保管できるのです。

ライバルが少ない

先ほども解説したように、NFT転売は比較的新しいビジネスです。

一般的な転売は、参入障壁が低く、尚且つたくさんの情報が出回っていることもあり、多くの初心者が挑戦しています。

しかし、NFT転売については情報量も少なく、挑戦している方も少ないため、先行者利益は得やすいと言えるでしょう。

NFT転売に挑戦するデメリットは?

では次に、NFT転売に挑戦するデメリットについて詳しく見ていきましょう。

一般的な転売より難易度は高い

NFT転売は、一般的な物販ビジネスやせどりと比べると難易度が高いです。

なぜなら、流動性が若干低いことに加え、ある程度まとまった資金が必要になるからです。

全てのNFT作品に高値が付くわけではなく、適当に仕入れると大赤字を出してしまう可能性が高くなりますので注意しましょう。

法整備が不完全

NFTは比較的新しい分野ですので、法整備が不完全です。

「昨日までOKだったルールが、今日になってNGになった」

というケースも珍しくありません。

臨機応変に対応するスキルがないと市場の変化についていけなくなりますので、注意しましょう。

NFT転売の具体的なやり方

では次に、NFT転売の具体的なやり方について詳しく解説していきます。

ステップ1:bitFlyerで口座開設

NFT転売を行う際は、イーサリアムを購入しなければなりません。

なぜなら、NFTの売買には手数料がかかり、その手数料はイーサリアムで支払う必要があるからです。

イーサリアムを購入するためには、仮想通貨取引所で口座開設をする必要がありますが、

「どこの取引所で口座開設をすればいいの?」

と悩んでいる方もいると思います。

そのような方は、アプリの使いやすさや取り扱い銘柄の豊富さなどに定評がある、bitFlyerがおすすめです。

bitFlyerは、口座開設も簡単に行えます。

NFT転売に挑戦したいと考えている方は、bitFlyerでの口座開設から始めていきましょう。

ステップ2:イーサリアムの購入

bitFlyerの口座開設が完了したら、イーサリアムを購入します。

イーサリアムを購入するためには、日本円をbitFlyerに入金する必要があります。

入金方法は、

・コンビニ入金
・インターネットバンキング入金
・銀行振込

上記3つから選べますので、好きな方法を選んで入金しましょう。

ステップ3:MetaMaskの導入

イーサリアムを購入した後は、MetaMaskを導入します。

これは、イーサリアム系のウォレットのことを指し、NFT売買でイーサリアムを利用するために必要となります。

ブラウザの拡張などを考えると、Googlechromeでのインストールがおすすめです。

chromeWEBストアで検索をすると、すぐにMetaMaskを見つけることができますので、インストール後にウォレットを作成してみてください。

ステップ4:イーサリアムをMetaMaskに送金

その後、購入したイーサリアムをMetaMaskに送金します。

その際は、アドレスを入力する必要がありますので、一旦MetaMaskを開いて「0x」から始まるアドレスをコピーしておいてください。

アドレスを間違えると、送金したイーサリアムが行方不明になり、二度と戻ってこなくなる可能性が高くなります。

ステップ5:NFTマーケットプレイスに登録してNFTを購入

ここまでの作業が完了したら、OpenSeaなどのマーケットプレイスに登録して、転売するNFTを探していきます。

ただ、先ほども解説したように、全てのNFTが高額で転売できるとは限りませんので、最初はNFT転売に慣れるためにも、できるだけリーズナブルな作品を購入しましょう。

ステップ6:販売

NFT作品の仕入れが完了したら、いよいよ転売開始です。

NFTの販売方法はマーケットプレイスによって異なりますので、ここではOpenSeaを例に挙げて解説します。

OpenSeaのアカウントページに「Sell」というボタンがありますので、まずはそこをクリックしてください。

その後、販売方法を決定するのですが、販売方法には、

・オークション形式→期間内に最も高値を付けた人に販売する方法
・ダッチオークション形式→価格が徐々に下がっていく方法

上記2つの種類がありますので、好みに合った方を選びましょう。

まとめ

NFT転売というのは、高く売れそうなnftアートなどの作品を仕入れて、高値で販売するビジネスのことです。

市場が急成長していることや、ライバルが少ないことなどを考えると、かなり狙い目のビジネスと言えます。

ただし、物販やせどりとは特徴が異なります。

今回紹介したことを参考にしながら、基本知識を身につけたうえで慎重に挑戦していきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次