MENU

仮想通貨ジャスミーは将来性が高い?特徴やメリット、デメリットを解説します

  • URLをコピーしました!

仮想通貨には数え切れないほどの種類があります。

その中でも一際注目を集めているのが、ジャスミーという銘柄です。

この記事を見ている方の中にも、

「ジャスミーを購入してみたい」

と考えている方がたくさんいるでしょう。

そこで今回は、ジャスミーの特徴やメリット、デメリットについて詳しく解説していきます。

将来性が高い仮想通貨って夢がある!
【この記事でわかること】
  • 今後、大化けする可能性が高いジャスミー
  • 個人ユーザーに支持される理由とは
  • loT家電の普及で価格上昇の可能性大
目次

仮想通貨ジャスミーの特徴は?

ジャスミーというのは、数ある仮想通貨の中でも比較的珍しい国内で発行された通貨です。

この銘柄は、ジャパニーズビットコインと呼ばれるほどポテンシャルが高く、世界中から注目を集めています。

仮想通貨ジャスミーのメリットは?

次に、仮想通貨ジャスミーのメリットについて詳しく解説していきます。

【今後】大化けする可能性がある

現在、私たちの個人情報は、

・Google
・Apple
・Facebook
・Amazon

などの大企業に独占されている状態です。

これらの情報をもう一度個人に戻し『分散管理を実現させること』がジャスミーの目標なのです。

この取り組みが実現した場合、今よりもさらに注目が高まることが予想されます。

そうなると、驚異的に価格が跳ね上がります。

早い段階で投資をしておけば、高額な利益を手にできる可能性が高くなります。

海外の取引所が取り扱っている

ジャスミーは日本初の仮想通貨ですが、すでに全世界から注目を集めています。

その証拠に、

・Coinbase
・Gate.io
・Bybit

などの取引所が、ジャスミーの取り扱いを開始しています。

海外の大手取引所に上場するということは、

それだけ知名度も高まりやすく、信頼も得やすいため、

今後の価格上昇に期待できるのです。

個人ユーザーにも支持されやすい

ジャスミーは、個人ユーザーからも支持されやすい仮想通貨です。

なぜなら、私たち個人ユーザーに焦点を当てた目標を設定しているからです。

現在は、大企業が利用者の個人情報を管理している状態なので、これだと情報漏洩のリスクが高まります。

もちろん、管理しているのは個人ではなく企業側なので、自分で自分の情報を守ることも難しくなります。

ジャスミーは、

「個人情報を自分自身で管理したい」

というニーズを満たせる仮想通貨となっているため、個人ユーザーからの好感を得やすいと言えます。

市場規模が広い

ジャスミーは、今後普及していくと考えられている市場の幅が広いです。

例えば、現在ではIot家電が注目を集めています。

家電がネットと繋がることによって、私たちの個人情報が企業に集まってしまいます。

ジャスミーは、IoT機器の個人情報管理の民主化も提唱しています。

今後、様々なIoT家電に使用される可能性があります。

IoT機器の多くにジャスミーが活用されれば、当然注目度はさらに高くなります。

今後の価格上昇にも期待できますよね。

ロードマップが明確に定められている

仮想通貨の中には、

「何となく」

という理由で作られた、目標が曖昧な銘柄もいくつか存在しています。

ジャスミーには、

・普及期
・価値成長期
・エコシステム拡大期
・データマーケットプレイス確立期

というロードマップが明確に定められています。

要するに『何となく』で作られた、曖昧な仮想通貨ではないということです。

このような明確な目標やロードマップも、世界中の投資家から注目を集めている理由の1つと言えます。

仮想通貨ジャスミーのデメリットは?

次に、仮想通貨ジャスミーのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

ボラティリティが高い

仮想通貨は他の投資商品に比べるとボラティリティが高いのが特徴です。

ジャスミーはその中でも、ひときわ価格の変動幅が広いです。

過去の例でみると、2021年11月には30円以上に上がりました。

しかし、その翌月、2021年の12月には10円未満にまで低下しています。

このように、価格が不安定なことが、ジャスミーのデメリット及び懸念点と言えるのです。

購入できる取引所が少ない

ジャスミーは、近年注目を集めている仮想通貨です。

しかし、国内の取引所でジャスミーを取り扱っているのは、現状bitpointとフォビジャパンのみとなっています。

今後、他の取引所でも取り扱いが始まる可能性はもちろんありますが、その保証はどこにもありません。

「今すぐにジャスミーに投資したい」

と考えている方は、bitpointもしくはフォビジャパンで口座開設を行いましょう。

プロジェクト内容はあくまでも実験段階

先ほども解説したように、

ジャスミーは、ロードマップがしっかりしていて信頼できる仮想通貨です。

そのため、何となくという理由で作られた仮想通貨に比べると、

価格上昇の可能性が高いと言えます。

とはいえ、ジャスミーのロードマップや計画はあくまでも実験段階であり、

必ずしも実現されるとは限りません。

場合によっては、ジャスミーの計画が実現せずに終了し、

単なる草コインで終わってしまうことも考えられます。

慎重に、投資判断をしていく必要があります。

違法性を疑われたことがある

ジャスミーは過去に『仮想通貨を違法に販売している』と疑いをかけられたことがあります。

結論から言ってしまうと、

ジャスミーは一切違法な販売活動は行っておらず、公式に声明を出して否定しています。

とはいえ、火のない所に煙は立たぬという言葉があるように、

完全なる潔白であればこのような噂が立つはずもありませんよね。

実はこの疑惑には、別の業者が関与していたのです。

ある企業が、

「ジャスミーと提携している」

と嘘をつき、違法に仮想通貨を販売していたことが原因で、このような疑惑が浮上しました。

つまり、ジャスミーも被害者の立場にあるということです。

とはいえ、違法性が疑われたという事実をそのまま鵜呑みにしてしまう投資家も中にはいます。

ただ、事実が拡散され、正しい情報が投資家に届けば、

マイナスイメージによる価格の下落も防げます。

違法性疑惑を、投資におけるネガティブ要素として判断する必要はありません。

仮想通貨ジャスミーの今後と将来性

最後に、仮想通貨ジャスミーの今後と将来性について詳しく見ていきましょう。

【取り扱い】取引所の増加

先ほども解説したように、ジャスミーは現在、

・bitpoint
・フォビジャパン

この2つの取引所のみ、取り扱っています。

ただ、フォビジャパンに上場したのは2022年の7月4日とかなり最近です。

今後、別の取引所に上場する可能性は十分にあると言えます。

別の取引所に上場した場合、注目度や評判が高まる可能性が高く、さらなる価格上昇に期待できます。

IoTの普及における価値向上

IoT技術が世に浸透すれば、今よりもさらにジャスミーに注目が集まることが予想されます。

IoT家電は日々進歩していて、かなり短いスパンで新技術が発表されています。

このIoT技術の中心にジャスミーがいる場合、現在の価格の何倍にも跳ね上がる可能性があります。

そうなる可能性が高いと予測している方は、できるだけ早く種まきをしておきましょう。

まとめ

ジャスミーというのは、数ある仮想通貨の中でも比較的珍しい、日本初の仮想通貨です。

データの民主化を目標にしている通貨であり、将来性に期待されています。

他の通貨に比べるとボラティリティが高く、取り扱っている取引所が少ないということが玉にキズです。

しかし、デメリットをはるかに上回るメリットと魅力があります。

少しでも興味を持っている方は、こまめに動向をチェックしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次